芸能・アイドル

2010年12月 7日 (火)

あ〜ちゃんについて

私の微々たるPerfumeライフの中で、「11・11かしゆか涙の謝罪」に並ぶ衝撃、それはP.T.Aメンバーブログの中にある、あ〜ちゃん動画ブログNo,30です。

ご覧になった事の無い方のために解説いたしますと、(偉そうにすみません)Perfumeのファンクラブには、会員だけに公開されているブログがあって、メンバー1人1人が不定期に更新しています。(私はこれが見たくて、ファンクラブに入りました)そして、あ〜ちゃんはいつの頃からか、映像と音声でブログを更新するようになったのです。そして私は、そのブログを最初にさかのぼって、じっくりじっくり眺めていた、と言う訳です。

あ〜ちゃんはいつも、Sweetなお話しとCuteな笑顔で見るものをHappyにさせてくれるのですが、2009年7月20日のそのブログは(およそ4ヶ月ぶりの更新でした)ちょっと、いや、かなり雰囲気が違っていました。
いつもはバッチリメークでお目目もパッチリのあ〜ちゃんが、みたところほとんどノーメーク、目もそんなにパッチリではないのです。本当にその辺にいる、ちょっと可愛い中学生の女の子みたいなんです。(あれもなかなかいいな、とも思っちゃいましたが)
そして、長い事ブログを更新しなかった事、アルバムのトライアングルが、売れないんじゃないかと心配して、ファンの事を信じていなかった事、などを、泣きながら一生懸命謝るのです。明らかに様子が変です。
ただ、それを見ただけではいったい何があって、なんでこんなに謝るのか、さっぱりわからないのです。

おじさんは心配しました。とってもとっても心配しました。そして色々ネットで調べた結果、ちょうどその時期、Perfumeメンバーの個人的なことを一部の写真週刊誌が書きたてていた、と言うことがわかりました。騒ぎはすぐに収まったようですが。
ただこれは、仮にそういう事があったとしても、社会的に問題になるような要素の全くない事で、当時のブログを見ても、そんなに大騒ぎする話か?と言う論調がほとんどだったのです。最近の人たちなら、「それが何か?」と開き直っちゃうでしょう。

はたしてこれが原因なのかは、わかりません。冷静に考えるとかなりどうでもいい話しで、単なる私の思い込みかもしれません。

しかし、私は思いました。「この子はアイドルだ。正真正銘、国宝にしてもいいくらいの、本物の清純派アイドルだ。オレの、心のアイドルだ!!」と。

そうした事をふまえた上で、あのブログをもう一度見たのですが、私は、小さなスクリーンのあ〜ちゃんに向かって「うん、うん、そうだ、そうだ」とか「そんなことないって!!何言ってんだ、大丈夫だよ!」とか、話しかけながらもらい泣きしていました。
そして思いました。「あ〜ちゃん、どんなことがあっても、オレはあ〜ちゃんの味方だからな」

そのあと、例の代々木の「見捨てんでね」MCを見てしまった私。もう、何をされてもいい。壊れてもいい。ずっとついて行きます、と厳かに誓うのでした。

要は、おじさんは女の子の涙に弱い、ということです、はい。

追伸
それから、ファンクラブのサイトでドーム公演直前の気持ちをインタビューした時、あ〜ちゃんが、一番の転機になった曲にDreamFighterを挙げた事。この曲を真剣に歌っていると、辛くて泣けてくる、でも、私たちこそこの歌を歌わなければいけない、こんな歌を歌える自分たちは幸せなんだ、というその言葉に、私は、シンクロ率が上がりすぎて取り込まれてしまいそうな感覚を覚えたのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

ゆかちゃんの魅力(3人ともちゃんとやりますよ!)

uncleさん、増田さん、盛り上がっていただいてありがとうございます!!とってもうれしいです!特に、かしゆかについてのこだわりが炸裂し、コメント欄の見応えがむちゃくちゃアップしてますね!最高です!私も混ぜて下さい!

私はもともと3人平等派で、誰が、と言う事は無い人のつもりだったんです。しかし、先月11日のPerfume Locksでの、「ゆかちゃん涙の謝罪」から微妙に状況が変化してしまいました。
まず、ブログを始めたこと。結局このブログって、あの涙の謝罪に対する感想が書きたい、と言う思いから始まったんです。とにかく、誰かに聞いて欲しかった。聞いてもらわないと、胸のつかえがとれない。そんな思いから始まったものなんです。
それと、テレビを見るときもついついゆかちゃんに目が行くようになりました。これについては、あ〜ちゃんやのっちに対して申し訳ない、という、気持ちがあるのですが、気になるものはしょうがない、としか言いようがありません。

ゆかちゃんについては、小悪魔という表現も聞きますが、最初私は「何言ってんだい、あんなに無邪気な人の事を小悪魔呼ばわりするなんて、なんか違うんじゃないの?!」と思っていました。しかし、最近では「無邪気だから小悪魔なんだ」と思うようになりました。
ゆかちゃんは、あのラジオで自分が思った事を素直に、無邪気なまでに素直に話したんだと思うのですが、おじさんとしては、表現が適当ではないかもしれませんが、胸ぐらをつかまれて「こっちを見て!」と言われた様なものでした。もう、それから後は、気になってしょうがない。
事ほどさように、かしゆかはやる事なす事が、「こっちを見て!」なんだと思います。ファッションしかり、仕草しかり。
きっとゆかちゃんには、無邪気に、何の気無しに、男に対して「こっちを見て!」という、生まれもっての才能があるんだと思います。(こういう事を書いていると、冷静な自分を保つのが難しくなってきます。ハニャ〜ン)

でも、私の中では、一番気持ちがシンクロするのは(と自分が思っているのは)あ〜ちゃんであり、人見知りの内弁慶のツンデレで、守ってあげたくなるのはのっちで、と、3人それぞれに感じている魅力があるので、ゆかちゃんにばかり気持ちが傾いてしまうのは申し訳ないんです。(;д;)わかってもらえます?この揺れるオジサン心!

と言う訳で、あ〜ちゃんとのっちの魅力についてもいずれ書きます。(宣言しちゃった。いいの?宿題たまってるよ?)
よろしくお願いします!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

かしゆかの涙

先日のSchool of Lock、聴きました。
てっきり、東京ドーム公演を成功させ、Happy! Happy! のお祝い放送になるものと思っていたら、かしゆかからのまさかの謝罪、それも涙ながらの・・。

びっくりしました。心底、びっくりしました。そして、Perfumeというグループのスゴさを思い知らされました。

かしゆかは、声援に応える事ができなかった、と言っていました。それに対して私は即座に、「そんなことないよ、とっても良かった、感動したよ!」と言ってあげたいと思いました。(聞いてもらうのは、まぁ不可能なんですが:^-^)実際、私はすごく感動したし、楽しかった。ほんとにほんとにHappyだった。
でも、一人の表現者として悩んでいたゆかちゃんに(すみません、どうもかしゆかと言う呼び方に違和感があるようで)単純な慰めのことばをかけるのは、何だか申し訳ないような気がするし、へたをするとかえってまじめな彼女を追い詰めることになりかねない、という気がしたのです。(聞いてないから大丈夫だって!)

ここは一つ、一緒に悩んであげる、と言うスタンスが必要なんではないでしょうか?(だから聞いてないよっ!)
いったいゆかちゃんは、何にそんなに申し訳ない、と思ったんでしょう?私も色々考えてみました。(みなさん、ここからは妄想大爆発です。もしかしたら少しキモイかもしれないので、ご注意下さい。避難なさる方は早めに御移動をお願いいたします)

(大丈夫ですね?それでは行きますよ!)

直前のP.T.Aブログで、もっとリハーサルしたい、と言っていたゆかちゃん。納得の行く練習ができなかったんでしょうか?
でもね、ゆかちゃん、人間は神様じゃないんだから、どんなに練習したって完全はありえないんだよ。あなたの一生懸命さは十分に伝わっていたと思うよ。

本番前に、一番奥の席を見に行って、ステージがすごく遠い事を実感したゆかちゃん。こんなにちっちゃくしか見えないのに、みんな満足してくれるんだろうか、と不安な気持ちを抱えたまま本番に臨んでしまったのかもしれません。
私はP.T.A入会が遅かったためまともなチケットが手に入らず、(でも、オークションなんかには手を出していませんよ!)直前に発売された見切り席というものでなんとか滑り込めた口です。その席はPerfumeのみんなが本番前に見に行った一番後ろの席の近くなんですが、さらに悪い事に、照明やスピーカーが設置されたタワーに隠れて、センターステージが全く見えない席だったんです。だから、見切り席、ということだったんですね。(この対応、とても良心的だと思いました。)
でも私は大満足でした。ライブは見るもんじゃなくするもんだ。(byのっち)ファンのみなさんと一緒に手をたたき、叫び声を上げ(エレクトルワールドの前奏、今思い出しても鳥肌!!!)Perfumeの3人と一緒にWonder2を歌ったことは、一生の宝物です。僕はたとえ、その日に目が見えなくなったって、喜んでライブに行ったと思います。(・_・?突然目が見えなくなるって、どういうシチュエーション?)
あそこに居なければ、私はあのライブを「する」ことができなかったんです。大きな会場を使う事によって、「ライブをする」機会が沢山の人たちに分け与えられたんです。
それに、Perfumeのみなさんが、少しでも観客席の近くに行こう、としていた姿勢は本当に強く感じていました。まして、本番前に一番後ろの席からどう見えるかを感じてくれていた、なんて、胸がシメツケラレルくらい、うれしかった。思い、願いはちゃんと伝わっていたよ!

ただ、もしかしたら、これからはドームライブはあまり連発せん方がいいかもわかんない。そこそこの大きさの会場でやるライブを、沢山やってもらいたい、と思っている人は、多いかも。私も次は、もっと近くのいい席で、と思いました、ごめんなさい(;ω;)。

ただ、これは今回のドームライブを否定する意見では、絶対に、絶対に、ぜぇっっったいに、ありませんからねっ!!!僕の中では、100点満点の200点だった!!!本当に!!!!!


なんか、こんなこと、いくら書いてもしょうがないんだろうな。本当のことはゆかちゃんにしかわからないんですから。でも、ずいぶんすっきりしました。(鳩の話しをした後の、あ〜ちゃんの気持ちになってます^_^)
人間、悩まないで、と言ったって、悩む時は悩むんです。なら、思いっきり悩めばいい。ゆかちゃんには、あ〜ちゃんとのっちがついてる。どこまでもマイペースで前向きなあ〜ちゃん、冷静で男前なのっち。そこにゆかちゃんの真面目さが加われば、Perfumeは無敵です。スゴいグループです。
それに、Perfumeにはファンがついてる。少なくとも私は、どんなときも味方です。
「もっともっと」素晴らしいライブを「する」ことができるよう、一緒にがんばっていきましょう!
(ここまで読んで下さった方、もし万が一いらっしゃるとすれば、ホントにどうもすみませんでした。
ありがとうございますT−T)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

始めてしまいました・・

タイトルをご覧いただければわかると思いますが・・。始めてしまいました・・ブログ・・。私、40代後半の典型的なサラリーマン、妻と子ども2人、住宅ローン有り。音楽は大好きで、カラオケでは山下達郎が十八番(のつもり)です。
そんな私がなんでPefumeファンブログを?

実は未だに良くわからないんです。でも、ワンルームディスコを聴くと、体が動いてしまうんです。Seventh Heavenを聴くと涙が止まらないんです。P.T.Aにも入会してしまいました。この前は東京ドームにも行ってしまいました。全てここ2ヶ月ほどのことです。家族はあきれ、最近では少し心配し始めています。(大丈夫だって!)でも・・。

いいーんですっ!(これはPerfumeブログの先輩、ngo900jpさんが私に言って下さった一言です。)ブログを読みあさるうち、世の中には私みたいなおじさんPerfumeファンが沢山居る事を知り、コメントを寄せさせてもらっているうち、Perfumeについて考えたり書いている自分が、すごく楽しんでいる事に気づきました。
もう、はまってしまいました。抜けられません。

これから自分でも、何か書いてみたいな、でも飽きっぽいから続かないかもな、なんて色々逡巡していましたが、酔った勢いで・・始めてしまいました。(現在午前3時半、ヤバいよ、もう寝なきゃ)
見て下さる方、いらっしゃるかどうかわかりませんが・・どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

芸能・アイドル | 音楽