« I love you Baby,FUKUSHIMA! | トップページ | lLEVEL3の感想ーこれはスゴいライブになりそうー »

2013年7月10日 (水)

劇アツ!山形!!

福島でのリアルタイムライブビューイングを終えた私は、そのまま山形へと直行しました。そう、シンガポールのかたきを取るため、ディレイドとのダブルヘッダーに臨むため、山形市へと向かったのです。

山形市に到着したのは午前8時半頃、私はかねてからネットで目星を付けていた、臥龍温泉保養センターへとチェックインしました。温泉入浴料350円、休憩室料500円の、計850円でいくらでもゆっくり出来る、「日帰りの湯治場」です。
建物はかなり古めでお世辞にもきれいと言えるものではありませんが、掃除が行き届いていて、文句を言うようなものではありません。そしてなにより、温泉が温まる!最初に入ったとき、ものの1分と入っていられませんでした。とにかく体が温まるのです。これは気をつけないと、あっという間に湯あたりするぞ、と思い、あまり長湯をせずに、ちょこちょこつかる事に決めました。
そして、ちょっと入ってから湯上がりにビール、そしてカツサンド!もちろん、車で移動の身です、酔っぱらい運転になどならないよう、ホントに乾杯の一杯だけ、そのあとゆっくりじっくり6時間ほど休憩を取る、という前提ですが、いや、うまかった〜!最高の一杯でした。
温泉話も尽きないのですが、そろそろ本題に戻りましょう。
私は、地元在住のブロガーさん、おととさんと合流し、山形市内の映画館で行われるLVへと臨みました。おととさんはホントに親切なナイスガイで、道案内やチケットの手配など、何から何までお世話になりました。ありがとうございます。
さて、本番前にハンバーガーショップで腹ごしらえをしながら、色々語り合ったのですが、おととさんは今日のLVについて、随分と心配なさっていました。
「先週、KARAのLVが山形であったんですが、観客が10人ちょっと。当然立ち上がったり声を上げたりと言う人はなく、おとなしく座って見ているだけだったんですよ。山形県民は、おとなしいからなぁ。きょうもなんだか地味なことになりそうな気がするんです。」
果たしてどうなる事か、不安を抱えつつ映画館に向かうと、開演30分前と言うのにロビーは閑散としています。福島とはだいぶ勝手が違うぞ。
「もう、しょうがないですよ。ボクらだけでもがんばりましょう。」なんだか、アウェイの地でサムライジャパンを応援する、サッカーのサポーターのような気分です。
開演直前、別の場所でLVに参加するブロガーさんからメールが届きました。
「インストアライブに出てるPerfumeを応援する気持ちで、思いっきり浮きまくって下さい」
はてさて、どうなるものかと思いながらライブのスタートを待っていると、会場はだんだんとうまり始めました。「KARAの時よりは良いですね」おととさんは、それでもまだ不安そうです。そして、後ろの席の方に「すみません、途中立つと思うんですがよろしいですか?」と聞いていました。
さすが地元住民、私みたいな、旅の恥はかきすてのやり逃げ野郎とは心がけが違います。
そしていよいよライブが始まりました。始まってみれば・・・ま、杞憂と言うのはこういう事を言うんでしょうな。
熱い!とにかく山形のPerfumeサポーターは熱い!160人ほどで満席の小さい会場だったせいもあるのでしょうが、会場は7割方うまり、来場者の皆さんは、まさに心を1つにしてPerfumeを応援していたのです。当然、自分たちの声は3人には届きません。でも、そんな事を忘れて、いつものライブのように、声を張り上げ、手を振り上げ、思いっきり楽しむ事が出来ました。
今思えば、おととさんが後ろの席の方に「立っても良いですか?」と聞いた事が、あの小さな会場で「よし、立って良いんだな」という空気を作ったんだと思います。
何万人と言う大きな会場では、自分1人で会場の空気を作る事は難しいでしょうが、100人、200人くらいのLV会場であれば、1人のやる気、数人のグループのやる気が会場の空気を大きく変えてしまうのです。
充実のLVを終え、私とおととさんは再会を誓い合って、それぞれの家路についたのでした。

|

« I love you Baby,FUKUSHIMA! | トップページ | lLEVEL3の感想ーこれはスゴいライブになりそうー »

コメント

uncleです。

シンガポールの時もそうでしたが、全国の映画館で
は、映画館側から着席するよう指示されるところも
あったようで(Perfumeファンは律儀だから、ぶつ
ぶつ言いながらも従っちゃうんですよね)、お互い
良かったですね。

隣のxさんは、私以上に、新潟の時以上に、ノリノリ
でしたよ。

印象に残る場面はおととさんのとこでコメントさせ
ていただきましたが、書き忘れがひとつ。

Dream Fighterの時の、歌詞の表示はよかった
ですね。あのメッセージが、各国の言葉で伝えられ
ているんだ、と思うと、胸が熱くなりました。

ドームん時の「Voice」を思い出しました。

で、そのVoiceですが、パリでは終了後、観客の
みなさんによる大合唱のサプライズがあったようで
すね。大MIKIKO先生コールもあったようで、
ロンドン以上に大盛り上がりだったようですね。

でも、なぜVoiceなんだろうと思いますが、
これって、日本でもはやりそうですね。

大阪と東京ドームのワンマンの終了後は、
必ずやファンによる大合唱が起こること必死だと
思いますし、私も声を張り上げて、その輪の中に
いたいな。

投稿: uncle | 2013年7月10日 (水) 21時35分

 
恥ずかしいので、いつものように名乗れない…


とってもいいお話に盛っていただき、ありがとうございますなんですが、

冷静に客観視すれば、ワタシみたいなのを「イタイおやじ」って言うんですよ。

なので後の方に声かけたのも、お恥ずかしながら、

本当にただ単に、なるべく若者たちからのイタイ視線を和らげたいからなんですね。

そう、最初から宣言しちゃうんです!「ワタシ イタイですから」って。

そうすると若者も少しは許してくれると思うんですね。

そしてそうした後に思いっきり楽しむ! という戦法なんです。アホですね。

でもですね…

確かに今回は、結果的に、さらにその隣のコアファンっぽい女性に波及して、さらに…

だったかもしれませんね… 

えぇ、後付けなんですけどね!www

投稿: おとと | 2013年7月10日 (水) 21時49分

x68kです。
私の左横にも若い女性が一人で参戦していました。初めの頃は座っていたのですが、途中からスタンディングで、手拍子もされていました。
私たちの弾けっぷりにつられての事だと確信しております。ハイ!

でも、終盤は疲れたのかずーっと座っておられました。残念です。
どこかのタイミングで一声かけようかと思っておりましたが、チャンスを逃しました。

uさんも前回より大きな声でノリノリでした。

投稿: x68k | 2013年7月10日 (水) 22時26分

uncleさん、コメントありがとうございます。

私も、Dream Fighterの歌詞が、歌と同時に表示されるあの演出に涙を流しておりました。
私がPerfumeにはまるきっかけとなったのが、Dream Fighterの歌詞を文字で読んだことだったんです。あの歌って、文字で読むとものすごく力強くてインパクトを与えられる感じがします。それって、言語が違っても一緒なんでしょうか?スタッフの方は、そんなことを思って、あるいはそうである事を願って、海外のファンにあの歌を文字で見せたんじゃないか、なんて勝手に想像しています。
Perfumeを支えるスタッフの中にも、あの歌から背中を押された人がきっといるんじゃないか、そんな事を思ってしまいました。

なぜVOICEかって?う〜ん、でも、私はわかる気がします。前にも書いたことがありますが、あの歌って、ドームで披露された「Perfumeの掟」の最後の一言、「息を合わせて」に呼応して始まった歌じゃないですか。息を合わせる、点と点を合わせる、今まで食い違っていたものを合わせる、色んなものを合わせて行こう、海外の方からのそんなメッセージが込められているんじゃないでしょうか。

今私たちは、人と人を音楽で結びつける、とんでもない試みをリアルタイムで目撃しているのかもしれません。ビートルズが愛と平和を訴えたように、もしかしたらPerfumeは・・・。

投稿: ミラクル・ヤン | 2013年7月11日 (木) 22時29分

おととさん、コメントありがとうございます。

あの盛り上がりの何割か、少なく見積もっても2〜3割は、おととさんの一声によるものだったと、私は確信しております。
知らない土地でのライブだったこともあり、私はいつもよりかなりおとなし目だったのですが、これからは自分の方から積極的に、笑顔で、フレンドリーに、楽しさを隠さずに、会場のみなさんと触れ合って行きたいと思います。
東京ドームライブで感じた、「誰とでも友達になれそうだ」という感じ、あれはきっとその通りなんだ、自分の側から踏み出しさえすれば、それは本当に現実のものになりうるんだ、そんな事を感じています。
週末はいよいいBBQですね。楽しんで来て下さい!

投稿: ミラクル・ヤン | 2013年7月12日 (金) 02時00分

X68Kさん、コメントありがとうございます。

自分たちが弾けてるのに明らかに影響されてるな、という人がいると、ちょっと楽しくなりますよね。なかなか直接コミュニケーションを取る、と言うわけには行きませんが、Perfumeのもとに集まった人たち同士なら、本当に友達になれそうな気がします。
いつか、会場に集まった人たち同士が気軽に話しをするのが当たり前、みたいな雰囲気ができるといいですよね。ドームにはきっと海外からもたくさんのお客さんがいらっしゃるでしょうから、そう言った方達を暖かく迎えられるPerfumeファンでありたい、と思うのであります。

投稿: ミラクル・ヤン | 2013年7月12日 (金) 02時09分

x68kです
本日「めざましテレビ」でロケット甲子園の一部を放送していましたが、これはヤンさんの関わっておられるイベントですよね。

時々おじさんが映っていましたが、ヤンさんは出ておられましたか?

みんなでひとつの目標に向かってやり遂げる
姿は感動しますね!

投稿: x68k | 2013年8月27日 (火) 04時49分

x68kさん、コメントありがとうございます!

全国放送されたんですね!メチャクチャうれしいです!私もスタッフの1人としてイベント作りに関わり、会場の中を走り回っておりました。おっしゃる通り、学生たちが協力し合い、力を合わせて宇宙を目指す姿は感動そのものです。書きたい事もいっぱいありますので、近いうちにブログを更新したいと思っています。その際には是非ごらん下さい。
12月、迫ってきましたね。ご一緒させていただくのを楽しみにしております。それでは!

投稿: | 2013年8月27日 (火) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1434253/52383897

この記事へのトラックバック一覧です: 劇アツ!山形!!:

« I love you Baby,FUKUSHIMA! | トップページ | lLEVEL3の感想ーこれはスゴいライブになりそうー »