2014年9月15日 (月)

無邪気に楽しんだ、最高のライブ!

「ぐるんぐるん」行ってきました!理屈抜き、楽しかった!

会場となったセキスイハイムスーパーアリーナは、仙台の隣にあってとてものどかなところ。基本的には体育施設で普段はアスリートが集う場所。周りにはなんにもありません。コスプレイヤーの皆さんを見ながら時間をつぶしておりましたが、いや、レベル高い!男性と女性の2人、あ〜ちゃんとかしゆかだけで来ていた人もいて、「のっちは?」などと思ったのですが、ライブ中の客いじりで実はPerfumeが縁で一緒になったご夫婦だと言う事がわかりました。(のっちが、「お子さんはゼヒのっちで!」とアピールしていたのが笑えた。)
なんか、ホンワカしたいい感じの時間を過ごしているうち、いよいよ入場。直前に強めの通り雨がありましたが、あまりヒドい事にはならず、無事に中へ。席は割合前の方で、メインも張り出しも視野に入るなかなかの場所でした。
セットリストは書けないのですが、初期の頃の曲、ライブで初めて聴く曲があったかと思えば、「あの曲、落としたか・・」と思うような曲もありました。終了後お会いしたneccoさんによれば、今回は会場ごとに少しずつ違っているのだとか。私は一度でいいからライブで聴いてみたい、と思っていたあの曲が聴けたので、もう、とろけてしまう所でした。
ノリ方がわかっている曲が多いので、私としてはとても楽しく、おどれるライブでした。
会場は一体感が高く、「これまでで1番の盛り上がり!」「気合いに圧倒されそう」という感想に、会場は拍手喝采でした。開演前の盛り上がりやアンコールも会場全体がまとまっていて、なんかいい感じ。これぐらいの大きさの会場が、ちょうどいいんじゃないでしょうか。
MCはリラックスムードで、かしゆかが整理がついてない話しでぐいぐい押して来て、最後はあ〜ちゃんに突っ込まれて引き下がる、という珍しいシーンもありました。また、ケータリングには牛タンが出てきたそうで、我々もライブ終了後に仙台駅前にある名店で味わう事にしました。店内にはPerfumeのTシャツを着た人も多く、のっちのMCはかなり売り上げに貢献しているようでした。
また、アンコール後のMCでは全米デビューの話しも出てきました。3人は、アメリカでCDを発売する、ということは知っていたそうですが、それが「Perfume全米デビュー!」という新聞の見出しになっているのを見てビビってしまったとのこと。あの歴史的瞬間にも3人は自然体だったんですね。
Level3のライブでは「覚悟を決めよう」という気持ちになったのですが、今回は理屈抜きに楽しめました。敢えて終了後の自分の気持ちを言葉にするなら「ガンガン行こうぜ!」でしょうか。勇気、元気を頂けた、最高のライブでした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

宮城、行きます!

どうもお久しぶりです、ヤンです。およそ10ヶ月ぶりの更新です。もはや見ていて下さる方もいらっしゃらないだろうと思いつつも、今日は書かずにいられない!

宮城、行きます!セキスイハイムスーパーアリーナ!周りにあるのはゴルフ場ばっかby グーグルマップ!でも、楽しみ!会場ではneccoさんとお会いできそうです!
全米デビューを発表した後、最初のライブ、どんな発言が飛び出すのか今から楽しみ!これが終われば後は代々木の4days、大勝負前のリラックスした一時を東北ホスピタリティで盛り上げて、一緒に楽しみたいと思います!
久しぶりの更新なので、私の近況や最近の心境などを色々書こうかとも思いましたが、時間もないし、おっさんの近況なんて読みたい人もいないだろうし、その辺は割愛します。でも、ひとことだけ!Dream Fighterで始まった宇宙イベントへの関わりはいよいよ仕事レベルにまで成長してきました。彼女たちが最高を求めているように、私も自分の夢を、そして最高を求める終わりのない旅をしようと思っています。日々、Perfumeから勇気をもらっています。
それから、Perfumeとのおつきあいをきっかけに、色々な音楽に出会う事ができました。最近ファンになったのはナオト・インティライミ君です。ワールドカップの公式アンセムをラジオで聴いてすぐにiTunesで購入、そこからさらに背中を押されて、サッカーのパブリックビューイングに参加したり、草サッカーの試合に出たり、テニスのレッスンに通ったり、職場対抗試合のチームに加わったり、と、なんだか忙しくやっています。
こんな生活のきっかけをくれたPerfumeには、感謝してもしきれません。
Perfumeは3人の女の子のグループ名であると同時に、壮大なプロジェクトの名前でもあると思っています。そこには誰でも参加できる。Perfumeを盛り上げるために自分に出来る事をやって(ライブに行く、ブログを書く、最新のプロジェクションマッピング技術を提供する、など)一緒に楽しみ、そして自分の生活も充実させる。Perfumeプロジェクトがいよいよ世界の人々を巻き込む大きな渦を作ろうとしているその前夜に、ライブに参加できる事、心からうれしく、誇りに思います。
近況は割愛、とか、ひとことだけ、とか言って、けっこう長々書いちゃいました。相変わらずだなぁ。とにかく、ライブ終了後のご報告は最低限アップする事をお約束して、今日は出発します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

1mmの覚悟

行って参りました、大阪へ。

ホントに、非日常!
Perfumeのライブのために飛行機に乗り、初めて訪れる土地でライブを堪能し、初めてお会いする皆さんとのオフ会に参加し、ディープな繁華街で一睡もせずに歌いかつ語り、そしてそのまま飛行機に乗って帰って行く。
帰って来て空港の駐車料金を精算したとき、24時間経っていない事に気付きました。まるで夢のような、まさしくDream Landでのできごとでした。
その直後、私は病院に入院している母親の見舞いに行きました。空港の近くにある病院で、母親は脳血管系の病気の後遺症と闘っているのです。父親は毎日病院につきっきりで、リハビリに取り組んでいます。私が訪ねたとき、2人は自主トレの真っ最中でした。
夢の世界から、急転直下のリアルな現実。私は帰り道、Dream Landを聴きながら、流れる涙を止められませんでした。そして、思ったのです。「覚悟を決めよう」
ここからはライブの内容が絡んでくるのでまだ書けませんが、私は1mmの意味、そしてDream Landが意味するものを掴む事が出来たような気がします。今回のライブ、ただ楽しいだけじゃない、終わってから噛みしめてわき上がってくるものが大きい、私にとっての一つの転機になるようなライブだったと思います。
大げさな事を言うようですが、それくらい今回のLEVEL3というアルバムは深いものを秘めているように思います。
なんだか随分と思わせぶりなことを書いてしまいましたが、理屈抜きに楽しいライブな事に間違いはありません。ただ、それ以上に残ったものが大きかった、ということです。
これから東京ドームに参加される皆さん、どうか思いっきり楽しんで下さい。そして、京セラドームでご一緒できた皆さん、ありがとうございました。またお会いできる日が来る事を信じて、お互い頑張りましょう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

チケット到着 アリーナで〜す^_^

ご無沙汰いたしております、ヤンでございます。最近、多少責任の重い仕事をまかされるようになり、Perfume活動もめっきりご無沙汰になってしまいましたが、生きる活力をPerfumeからいただいている事に変わりはありません。テレビの番組を見逃したり、雑誌を買い逃したり、ファンにあるまじき行動も増えて来てしまっているのですが、心の根っこの部分は、以前よりも深く広くつながっているものと自負いたしております。Sweet Refrain、名曲です。

さて、昨日私のもとにもチケットが届きました。小さく「アリーナ」の文字が。
おかげさまを持ちまして、アリーナ席をゲットする事が出来ました!果たしてこれがどんな席なのか、行ってみなければわからないのですが、初参戦の東京ドームよりはよく見えそうです。
あの時は、ステージが見えないと言う事で最後まで残っていた見切り席の緊急放出でどうにか会場内に入る事ができた、という状況でした。無論、張り出しステージの最前列という、新潟朱鷺メッセの席とは比べようもないわけではありますが、近くでも遠くでも、見えても見えなくても、Perfumeのライブの感動は変わりません。(あの時は、『例え目が見えなくなっても私はライブに行きます!』なんてことをPTAにコメントしてましたな)今からワクワクが止まりません!
x68kさん、明日チケットをお送りしますね。万が一、飛行機が飛ばない、なんてことになると、私は大阪まで行けないので。(今から7日8日の天気の心配ばかりしています)実際、飛行機が飛ぶかどうかに全てがかかっているんです。皆さん、どうか当日の好天をいっしょに祈って下さい!神様、仏様、全日空様、どうか飛行機を飛ばせて下さい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

lLEVEL3の感想ーこれはスゴいライブになりそうー

仕事が忙しくなった事を言い訳にしなければならないほど皆様に期待されているわけでもないこのブログなわけですが、LEVEL3を聞いた感想を手短に書かせていただいてもよろしいでしょうか?(てか、もう書いてるし)

数日前からcapsuleのstereo worxの中の1曲、step on the floorがやたらと頭の中でリピートしていたのですが、これはやはり何かを予感していたのでしょうか?world of fantasyで、どこへ行ってしまうの?みんなが楽しく聴ける音楽はもう作らないの?と心配させた中田大先生が、見事にみんなの所に帰って来てくれたあの名作、stereo worxで見せた様々な必殺技は、遺憾なくLEVEL3の中でご披露されていました。
中田さんには、早めに録って好きなだけいじくり回してもらった方が良いアルバムが出来るんですかね?capsuleのアルバムと見まごうばかりの華麗なリズム、まさに新たなレベルに突入した観があります。JPNでアイドルとしてのPerfumeを見せつけた後、アーティストとしてのPerfumeがドド〜ンと姿を現した、そんな感じです。
それと、未来のミュージアムがこんなに頼もしく(意味わかんないすかね?)聴こえるとは思いませんでした。文部省唱歌に近いような、聴きやすく歌いやすいあの曲が、このアルバムの中心にド〜ンと収まっている事で、なんか妙な安心感を覚えます。1mmのあのシビアな歌詞の後に聴く、未来の〜の歌詞は、ホントに救いがある、と言う感じで、頼もしく感じた次第です、はい。
とにかく、このアルバムでライブをやる、ということは、ドームが巨大なクラブ、昔風の言い方をするとディスコになるということを意味するわけで、体力を十分付けた上で、水分補給を万全に、動きやすい服装と靴、そしてたっぷり汗をかいても大丈夫な対策を立てた上で臨まなければなりません。
12月のライブはすごいことになりそうですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

劇アツ!山形!!

福島でのリアルタイムライブビューイングを終えた私は、そのまま山形へと直行しました。そう、シンガポールのかたきを取るため、ディレイドとのダブルヘッダーに臨むため、山形市へと向かったのです。

山形市に到着したのは午前8時半頃、私はかねてからネットで目星を付けていた、臥龍温泉保養センターへとチェックインしました。温泉入浴料350円、休憩室料500円の、計850円でいくらでもゆっくり出来る、「日帰りの湯治場」です。
建物はかなり古めでお世辞にもきれいと言えるものではありませんが、掃除が行き届いていて、文句を言うようなものではありません。そしてなにより、温泉が温まる!最初に入ったとき、ものの1分と入っていられませんでした。とにかく体が温まるのです。これは気をつけないと、あっという間に湯あたりするぞ、と思い、あまり長湯をせずに、ちょこちょこつかる事に決めました。
そして、ちょっと入ってから湯上がりにビール、そしてカツサンド!もちろん、車で移動の身です、酔っぱらい運転になどならないよう、ホントに乾杯の一杯だけ、そのあとゆっくりじっくり6時間ほど休憩を取る、という前提ですが、いや、うまかった〜!最高の一杯でした。
温泉話も尽きないのですが、そろそろ本題に戻りましょう。
私は、地元在住のブロガーさん、おととさんと合流し、山形市内の映画館で行われるLVへと臨みました。おととさんはホントに親切なナイスガイで、道案内やチケットの手配など、何から何までお世話になりました。ありがとうございます。
さて、本番前にハンバーガーショップで腹ごしらえをしながら、色々語り合ったのですが、おととさんは今日のLVについて、随分と心配なさっていました。
「先週、KARAのLVが山形であったんですが、観客が10人ちょっと。当然立ち上がったり声を上げたりと言う人はなく、おとなしく座って見ているだけだったんですよ。山形県民は、おとなしいからなぁ。きょうもなんだか地味なことになりそうな気がするんです。」
果たしてどうなる事か、不安を抱えつつ映画館に向かうと、開演30分前と言うのにロビーは閑散としています。福島とはだいぶ勝手が違うぞ。
「もう、しょうがないですよ。ボクらだけでもがんばりましょう。」なんだか、アウェイの地でサムライジャパンを応援する、サッカーのサポーターのような気分です。
開演直前、別の場所でLVに参加するブロガーさんからメールが届きました。
「インストアライブに出てるPerfumeを応援する気持ちで、思いっきり浮きまくって下さい」
はてさて、どうなるものかと思いながらライブのスタートを待っていると、会場はだんだんとうまり始めました。「KARAの時よりは良いですね」おととさんは、それでもまだ不安そうです。そして、後ろの席の方に「すみません、途中立つと思うんですがよろしいですか?」と聞いていました。
さすが地元住民、私みたいな、旅の恥はかきすてのやり逃げ野郎とは心がけが違います。
そしていよいよライブが始まりました。始まってみれば・・・ま、杞憂と言うのはこういう事を言うんでしょうな。
熱い!とにかく山形のPerfumeサポーターは熱い!160人ほどで満席の小さい会場だったせいもあるのでしょうが、会場は7割方うまり、来場者の皆さんは、まさに心を1つにしてPerfumeを応援していたのです。当然、自分たちの声は3人には届きません。でも、そんな事を忘れて、いつものライブのように、声を張り上げ、手を振り上げ、思いっきり楽しむ事が出来ました。
今思えば、おととさんが後ろの席の方に「立っても良いですか?」と聞いた事が、あの小さな会場で「よし、立って良いんだな」という空気を作ったんだと思います。
何万人と言う大きな会場では、自分1人で会場の空気を作る事は難しいでしょうが、100人、200人くらいのLV会場であれば、1人のやる気、数人のグループのやる気が会場の空気を大きく変えてしまうのです。
充実のLVを終え、私とおととさんは再会を誓い合って、それぞれの家路についたのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

«I love you Baby,FUKUSHIMA!